退職希望者にもの申す! » 転職基礎知識

看護師の年収

1.平均して437万円
日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。

公務員看護師は給料が上がる率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供がいたりする人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を希望しています。
病院以外を職場とするのであれば、そこに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。
やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあると印象が悪くなるかというと、そうとは限りません。
自己PRのやり方次第では、意欲的で経験を持っているという印象を持ってもらえるかもしれません。
とは言っても、勤務の年数がほんの少しであると、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合もあるでしょう。

2.転職のタイミング
ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、具体的には1月、6月がオススメです。
実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、落ち着いて情報収集するのが安心です。
1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、人材募集が増加してくるタイミングまで静観することを推奨します。
看護師のためだけの転職サイトには、祝い金をもらえるサイトが存在します。
転職するだけなのにお金をもらえるのは嬉しい気持ちになりますよね。
そうは言っても、お祝い金をもらうためには条件がないことは少ないので、申し込みの前に確認をしておくようにしましょう。
それに、お祝い金がもらえないサイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。
看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。
看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。
看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
国の指針では、月に8回までとされていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が長続きしない理由の一部と思われます。
結婚の時に転職をする看護師もかなりの数います。
パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職を考える方がいいと思います。

3.子育てを気に転職する人も
いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職しておくと良いでしょう。
イライラしがちだと妊娠しにくくなりやすいので、要注意です。
看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を明らかにしておきましょう。
夜間に働くのは避けたい、充分な休みが欲しい、できればお看取りの場は避けたい等、要求にも個性があって当然です。
看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で我慢して勤める必要はないのです。
看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師のことを指します。
看護師と聞けば病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所で働く人もいます。
仕事の内容や役目は勤務会社により多様ですが、従業員の健康を守り、管理することは基本的な仕事と考えてください。
http://xn--i-if3b27bcy9cwokx6p.xyz