退職希望者にもの申す! » 転職基礎知識

看護師は長時間勤務

1.16時間もの長時間勤務も
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針で定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。

仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり、過労になる人が多いのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつだと思われます。看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させてしまうようです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、最近ではインターネットを利用するのがマジョリティと言えるようになってきました。ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、出費もありませんし、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報を閲覧できます。華麗なる転身のためには、リサーチが重要ですので、仕事を変えようと思ったら先延ばしにせずクリックしてみてください。看護師の働き先といえば、病院という想像が普通でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。

2.保健所でも仕事はある
保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の役目です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為を看護師が行います。日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務のため、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。ナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリア開発としておくのが賢明です。前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、否定的な事由だったりすると、不本意な評価をされかねません。たとえ本音がそうだとしても素直に明かす意味もありませんので、ポジティブな印象を与える応募動機を表明してください。専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、違った職種に転職を考える人も少なくないです。そうは言っても、頑張って看護師の資格を取得したわけですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。かなり異なる職種であっても、看護師の資格が良い方向に働く職場は少なくありません。頑張って得ることのできた資格ですから、活かさないと無駄になってしまいます。看護士だと、求人はたくさんありますが、希望に沿う条件での求人があるとは言えません。

3.看護師は求人は多いが
看護師の資格を持つ人でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がないところに勤めたいとほとんどの方が思っています。求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には載らない場合もたくさんあります。看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、求人元を「気風」という点からも検討できます。躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを任せられることもあるようです。高校入学時に衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変えることは難しいです。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために試験勉強や実習が不足して簡単には試験に合格できないという面もあるようです。