退職希望者にもの申す! » 転職基礎知識

全国において、看護師の年収は平均して437万円ほどです

全国において、看護師の年収は平均して437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。


公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。

準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。高校進学の際に衛生看護科に進むと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。

ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは大変です。

それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いことが理由で試験勉強や実習が不足して合格が難しいという欠点もあるでしょう。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健について指導したり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。

産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、職業案内所で見つけるのは無理かもしれません。
興味がある人は看護師専用転職サイトを利用してください。
そういうサイトなら、産業看護師の募集も掲載されることが多いです。

修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を推移しています。

看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であればパスできる試験です。高齢化社会が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが増加傾向にあるのです。それだけでなく、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを手がけています。このような時は、この会社の正社員として入社することもありえるでしょう。看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校の卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。

看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。
それほどに厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。

看護師の資格を取るには、何通りかの道があるのです。看護師免許を手にするためには、国家試験を受験することが必要ですが、すぐに受験することは認められません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習することが必要だというわけです。

看護士の求人情報は何件もありますが、希望通りの条件の求人があることは少ないでしょう。

看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。
できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う方が多いです。希望に合う勤め先に転職するためには、情報の収集が重要になります。

看護師は、16時間などの当直により長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
働いている病院の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になる人が多いのも、看護師が長続きしない理由のひとつだと思われます。

ナイスな転職