退職希望者にもの申す! » 豆知識

会社員の副業はどこでバレるのか

会社員は基本的の副業は禁止となっている会社が多いですね。
でもそもそもなんで副業は禁止なのでしょうか。
また、会社員の副業はどこでバレるのでしょうか。

どこで会社員の副業がバレるのかというと、翌年の住民税の支払いの時に会社にバレるケースがあります。
住民税は前年度の所得に応じて課税されて、翌年の6月にお給料から天引きが始まります。

会社のお給料のみの場合、そのお給料の1年分に住民税が課税されますので、何の問題もありません。
しかし、副業をしている場合、1年間のお給料と副業の所得の合計金額で住民税が算定されます。

会社にしてみれば、お給料の割に住民税が高いのは何でと考えます。
あなたはもしかして、副業をしているから住民税が高くなっているのでは?と疑われます。

ちなみに会社員の副業は法律で禁止されているものではなく、会社の規則で禁止されているものです。

副業がバレないようにする方法はあるのかというと、100%バレない方法はありません。
また、住民税は地方公共団体が課税するもので、各市町村によってバレてしまう程度が異なります。

会社員の方が副業をするのは、完全にセーフというわけではありません。
副業を認めている企業もあります。
会社員の方は、今の会社の規則と照らし合わせて、また、本業がおろそかにならない程度に副業をされてみるのがよいではと思います。

看護師の転職