退職希望者にもの申す! » 豆知識

社会保険労務士というプロフェッショナル

今では簡単に物事の知識が小学生でも手に入る。会社勤めのサラリーマンならある程度のことはググればポンと答えが目の前に現れる時代になった。法律用語でも、その知識でも簡単に手に入る世の中になってしまった。その道の専門家というのが国家資格である、ここでは社会保険労務士の場合について考えてみたい。社会保険についても労務管理にしても薄っぺらい情報なら会社のパソコンでも手に入る。

コンサルティング業務というのはまさにその道のプロフェッショナルでなければ化けの皮はすぐにはがされてしまう。コンサルタントとお客様・クライアントの情報格差がほとんどなくなりプロとしての競争力、行動力、オリジナリティーが求められる!十羽ひとからげの社労士では食ってはいけないのが現状であります。

だからスキルを磨いて営業力で勝負する!社会保険労務士はなくてはならない仕事、その仕事の魅力は語りつくせないといっても言い過ぎではないと思うのですが。

社労士 資格